■ 着せ替えしながらファッションを探す「モダリーナ」のイラスト図鑑

クリノリン

クリノリン

クリノリンcrinoline


クリノリンとは、スカートを膨らませるための下着で、1840年代から1860年代に主に使われた。
当初は固めの布に馬の尻尾の毛を織り込んだペチコートであったが、重ね履きをしなくて済むように次第にクジラのヒゲや針金でドーム状に広げ、特に後ろ側のふくらみを強調するに変化していった。
名称の由来はラテン語の毛を意味するcrinisと言われている。


【種別】インナー

※ファッションイラスト画像は、単独で、加工、修正の無い限り、連絡なしで、無料、ロイヤリティーフリーにてご利用いただけます。
WEB上で画像を利用する場合は、掲載元の表記と掲載ページ、もしくは目次へのリンクを貼ってください(2015/07/03追記)。複数枚利用する場合は、ご相談ください(2016/01/20追記)。