■ 着せ替えしながらファッションを探す「モダリーナ」のイラスト図鑑

クレリック・シャツ (カラーディファレントシャツ)

クレリック・シャツ

クレリック・シャツcleric shirt


クレリック・シャツとは、襟(衿)とカフス部分が白(または無地)で、その他の身頃は柄や色物の生地を使ったシャツ。
名称のクレリックは、もともと牧師や僧侶の事を言い、牧師が着ていたい白い立襟の僧服に似ていたことに由来する。
1920年代ではイギリスの紳士の定番として流行し、柄物にもかかわらず、少しフォーマルめな上品なシャツとして使用されるが、カジュアルなシーンでも合わせやすい、使い勝手のいいシャツ。
クレリック・シャツは、日本独自の表現で、海外ではカラーディファレントシャツ、ホワイトカラーシャツ、カラーセパレーテッドシャツと呼ぶ。
メンズの場合、外務省官僚が、好んで着た時期もあるため、世代によっては強い印象が残っている。


【種別】トップス、シャツ・ブラウス

※ファッションイラスト画像は、単独で、加工、修正の無い限り、連絡なしで、無料、ロイヤリティーフリーにてご利用いただけます。
WEB上で画像を利用する場合は、掲載元の表記と掲載ページ、もしくは目次へのリンクを貼ってください(2015/07/03追記)。複数枚利用する場合は、ご相談ください(2016/01/20追記)。