■ 着せ替えしながらファッションを探す「モダリーナ」のイラスト図鑑

ラッシュ・ガード

ラッシュ・ガード

ラッシュ・ガードrash guard


ラッシュ・ガードとは、主にダイビング、サーフィンやジェットスキーなどのマリンスポーツ時に、日焼け防止(紫外線防止)や、すり傷、クラゲ等の有害生物からの保護、保温などを目的とした子供から大人まで使う上半身用のウェアの事。

海水浴やプールなどでは、女性の場合、水着の上に着るのが一般的。
ウエットスーツ着用時には、密着度の高いゴム素材と肌が擦れるの防ぐために、ウェットスーツの下に着る場合もある。
水中での抵抗が少ないように、肌に密着するピッタリしたシルエットが一般的だが、ビーチ周辺を歩けるようにと少しアウター寄りのフード付き(フーディー)タイプの商品(ラッシュパーカーと呼ばれる)も出回っている。
袖付けのタイプはラグランスリーブが多く、伸縮性のあるポリエステル系の素材や縫製によって動きやすく作られており、野球や陸上、釣り等のスポーツ用アンダーウェア、武術や格闘技などのトレーニングウェア、スキーやスノボ、バイク等の保温用インナー等としても幅広く使用されている。
名称にあるラッシュは、「擦り傷」の意味を持ち、アクティブな活動時の外傷を防止するという意味からきた名前である。
ラッシュガードの欠点は、密着度が高いため、濡れている時には着脱しにくく、気になる場合は前開きのものが便利である。
風が強い環境においては、濡れた状態で着たままだと体温が奪われやすい点が、短所としてあげられる。
本来の目的以外に、水着着用時の露出した体の傷や、入れ墨などを隠す目的で着られる事もある。
肌の露出が極端に減るため、体型を隠したり、水着での恥ずかしさを押さえる用途にも効果が高い。
ラッシュガードに組み合わせて着用するショート、ハーフタイプのボトムスは、サーフパンツやラッシュパンツと呼ばれている。


【種別】水着

※ファッションイラスト画像は、単独で、加工、修正の無い限り、連絡なしで、無料、ロイヤリティーフリーにてご利用いただけます。
WEB上で画像を利用する場合は、掲載元の表記と掲載ページ、もしくは目次へのリンクを貼ってください(2015/07/03追記)。複数枚利用する場合は、ご相談ください(2016/01/20追記)。