■ 着せ替えしながらファッションを探す「モダリーナ」のイラスト図鑑

レジメンタル・ストライプ

レジメンタル・ストライプ

レジメンタル・ストライプregimental stripe


レジメンタル・ストライプとは、英国の連隊旗を模した斜めの縞模様で、主に紺地にえんじや緑の配色。
トラディショナルなネクタイに多く使用され、1920年頃に英国の皇太子時代のウインザー公がアメリカ訪問時に着用したことで世に広まったと言われる。
名称はregiment(連隊)の名の通り連隊を意味し、日本語では連隊旗縞。
右上がりの斜め模様がもともとのイギリス式で、米国でブルックスブラザースが右下がり(左上がり)の斜め模様を商品化したこともあり、右下がりの縞模様は米国式とも言われ、レップ・ストライプと呼んで区別する場合もある。
国際的なビジネスをしている人や正式な場所、特にイギリスに行く場合は、右下がりを避ける人もいるとのこと。


【種別】柄・生地【エリア】イギリス:ヨーロッパ

※ファッションイラスト画像は、単独で、加工、修正の無い限り、連絡なしで、無料、ロイヤリティーフリーにてご利用いただけます。
WEB上で画像を利用する場合は、掲載元の表記と掲載ページ、もしくは目次へのリンクを貼ってください(2015/07/03追記)。複数枚利用する場合は、ご相談ください(2016/01/20追記)。
[PR]
あなただけの縫製工場【nutte】PR
コスプレ エクシーPR
PRPR
リトルサーバーPR
PRPR
PR
PRPR
UP-TPR
PRPR

その他の柄・生地