■ 着せ替えしながらファッションを探す「モダリーナ」のイラスト図鑑

蜂巣織り (枡織り)

蜂巣織り

蜂巣織りhoneycomb weave


蜂巣織りとは、経糸と緯糸を浮かせて、格子状の凹凸を出した重厚さと伸縮性のある織物。蜂の巣に似ている事からの名前の由来。
肌触りが独特で吸水性がよく、べとつきにくいため、シーツ、タオル、ベッドカバー等の室内の装飾用の布地に使われる事が多い。
枡の形であることから、「枡織り」とも言われる。蜂の巣の形状やワッフルの形状に似ていることより、ハニカムクロス(honeycomb weave)、ワッフルクロス(waffle cloth)などとも呼ばれる。


【種別】柄・生地

※ファッションイラスト画像は、単独で、加工、修正の無い限り、連絡なしで、無料、ロイヤリティーフリーにてご利用いただけます。
WEB上で画像を利用する場合は、掲載元の表記と掲載ページ、もしくは目次へのリンクを貼ってください(2015/07/03追記)。複数枚利用する場合は、ご相談ください(2016/01/20追記)。
[PR]
あなただけの縫製工場【nutte】PR
コスプレ エクシーPR
PRPR
リトルサーバーPR
PRPR
PR
PRPR
UP-TPR
PRPR

その他の柄・生地